読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【 アルビオレジデンス】ができるまで。

JR中央線「国立」駅、徒歩18分。”東”アドレスの人気の学区内に、ミサワホームの新築戸建街区が誕生します。本ブログでは、街づくりコンセプトをご紹介していきます。

モデルハウス”一般公開”のお知らせ②

f:id:misawahome:20161218141306j:plain

国立に、最上の生涯”楽”習の場を。

ーアルビオレジデンス国立東ー

http://www.330navi.com/kunitachi/

来場予約はこちらから

---------------------------------------

前回に引き続き、一般公開したモデルハウス”描く家”へとご案内致します。本日は2Fです。

f:id:misawahome:20170108171523j:plain

f:id:misawahome:20161218102336j:plain

階段で2Fにあがると、DENが見えてきます。ここは、ご家族を”つなぐ”間として考えていますので、階段側を相互に見渡せるオープンな部屋になっています。階段含め、暗くならないような開口部設計を施しています。

f:id:misawahome:20161218093449j:plain

DEN―

展示しているのは、バウハウスの名作マルセル・ブロイヤーワシリーチェアーのレプリカです。

 

3つのベッドルームのほかに、このDEN(2F)とアトリエルーム(1F)という学び・つなぎの間がありますので、将来「書斎がほしくなった」「趣味の部屋がほしくなった」「コレクション展示室が必要になった」といった家族の暮らし方の遷移にも対応できるでしょう。

 

ミサワホームでは、「今、この瞬間がいちばんフィットする間取り」が決してベストであるとは考えません。これは当社が注文住宅がメインの会社であるからなのですが、必ず5年、10年とお住い頂く中で、使い勝手は変わっていくものだということをつねに意識しています。

 

注文住宅で培ったノウハウは、細部にも現われます↓

f:id:misawahome:20161218093026j:plain

こちらは2Fの主寝室のクローゼットですが、ハンガーパイプとそのうえに棚一段だけを設ける程度が建売住宅の標準的装備ですが、実際はそれではまったく収納として機能しません。バスケット類やかばん・小物などを立体的に効率よく収納できるように最低限配慮したい…という願いからユニット収納を標準で装備しています。

f:id:misawahome:20161218094414j:plain

↑子供部屋 ① ユニット収納

f:id:misawahome:20161218095507j:plain

↑子供部屋 ② ユニット収納

 

居室収納ではおさまらないものは、廊下からアクセスできる屋根裏収納がご利用いただけます。広さは4帖弱ございます。

f:id:misawahome:20161218101408j:plain

f:id:misawahome:20161218101724j:plain

f:id:misawahome:20170108174735j:plain

 

以前もお話しましたが、ミサワホームの設計思想には「個室は子失」というものがあります。あまりにも広くて快適な個室を小さい子供に与えると、こもってしまう(コミュニケーションが薄れる=子供を失う=子失)ので、広すぎない4.5帖前後をアルビオレジデンス国立東ではご提案しています。開口部も大きく開放的であるよりも、少し小さめにしてあります。

f:id:misawahome:20161218093924j:plain

f:id:misawahome:20161218140413j:plain

 

f:id:misawahome:20161218095206j:plain

f:id:misawahome:20161218141100j:plain

孤立しがちなベッドルームを腹八分のスペースにして、アトリエやDENで、ご家族の共通の趣味や、学び、習い事の共有を大切にして頂きたいと考えます。

 

ご見学ご希望の方はこちらから。

(予約制です)