【 アルビオレジデンス】ができるまで。

JR中央線「国立」駅、徒歩18分。”東”アドレスの人気の学区内に、ミサワホームの新築戸建街区が誕生します。本ブログでは、街づくりコンセプトをご紹介していきます。

タウン内道路の秘話 2

f:id:misawahome:20160731091038j:plain

国立に、最上の生涯”楽”習の場を。

ーアルビオレジデンス国立東ー

http://www.330navi.com/kunitachi/

平成28年初冬に誕生します!

資料請求はこちら

---------------------------------------

前回、タウン内道路に敷き詰めたレンガ調ブロックのお話しをしましたが、ひとつ補足を致します。

 

【アルビオレジデンス国立東】では、文教都市ドイツ・ゲッティンゲンの街なみ再現のためにコンクリートやアスファルトの素材感や色を極力見せない努力をしていますが、L字溝にもその考えを貫いています。

 

L字溝は道路と宅地との間にあるブロックです。

f:id:misawahome:20160731093812j:plain

建物の外壁を茶色くしたり、宅地の内側にレンガを敷き詰めたりして「文教の街」を演出しようとしても、道路がアスファルトで、L字溝がコンクリート色では、まったく雰囲気が出せません(=どうしても日本の住宅街の景色になってしまいます)。

f:id:misawahome:20160731093842j:plain

↑アスファルト(道路)とコンクリート(L字溝)で分断される道路と敷地内のデザイン。

 

そこで、まず【アルビオレジデンス国立東】ではタウン内道路をレンガ調にし、L字溝も茶系に着色されたものを選んでいます。

 

f:id:misawahome:20160728183937j:plain

f:id:misawahome:20160728183318j:plain

f:id:misawahome:20160728183245j:plain

道路のレンガ色に溶け込むようなL字溝になっています。

 

これらによって、大部分のアスファルトとコンクリート色を払拭しています。

f:id:misawahome:20160731095055j:plain

↑完成予想