読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【 アルビオレジデンス】ができるまで。

JR中央線「国立」駅、徒歩18分。”東”アドレスの人気の学区内に、ミサワホームの新築戸建街区が誕生します。本ブログでは、街づくりコンセプトをご紹介していきます。

”描く”家―(1号棟)

 

f:id:misawahome:20160617100336j:plain

国立に、最上の生涯”楽”習の場を。

ーアルビオレジデンス国立東ー

http://www.330navi.com/kunitachi/

平成28年初冬に誕生します!

---------------------------------------

今日から、各邸のコンセプトを解説させていただきます。

1号棟でご提案させて頂く【最上の生涯”楽”習】のテーマは―”描く”―です。1階のLDKにアトリエとギャラリーをご用意させて頂いております。以前、コンセプト概要説明の投稿の際にご説明しましたが、お子さんが描くということだけではなく、大人も生涯楽しく絵画・絵かきをする、その姿をお子さんの目に焼き付ける…それが大事だと私たちは考えます。

 

アトリエの場所は、家事をしながらでも目が行き届き、場合によっては閉じこもれるように、キッチンの脇にしました。3.4帖です。また、ギャラリーはご家族全員の目にふれるようにリビングの背中のウォールにくるようにしました。

f:id:misawahome:20160709133157j:plain

計画段階から設計担当者は内観イメージを膨らませながら、アトリエとギャラリーの角度、見え方、設えの仕方を吟味していきました。

f:id:misawahome:20160709131804p:plain

このスケッチを元に、さらにCGパースで再現してみたのがこちらです。

 

f:id:misawahome:20160708105736j:plain

手前のアトリエは、集中しやすいように、あえて南面に開口部は設けませんでした。そして、ギャラリーウォールの窓は、絵画と干渉しないように高窓にしています。床の色や柄、テイストはシンプルかつモダンなギャラリーでよく利用されているものに近いフローリングを採用しています。

 

建物完成予定まであと4ヶ月です。ピクチャーレールやスポットライトなど、ディテールの打合せを続けながら、ご入居される方の「描き」を最大限に引き出せるよう、上棟後も詳細にこだわっていきたい考えています。